大学生の一人暮らしに最適な部屋とは?

大学生の一人暮らしは、家賃の事も考慮すると1Kや1DKの部屋がよいでしょう。自分のもの以外に、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの日用品を置くスペースも必要になるため、収納が多く広めの部屋がおすすめです。

ルームシェア物件を探す際のポイント3選

女の人

どんな人がルームシェアするのか

ルームシェアには共有スペースがあり、住人同士が交流できるのも魅力ですが、他の住人とノリが合わなければ居心地は良くありません。自分以外の住人はどのようなタイプの人なのか、事前に知っておくことが大切です。

トイレやバスルームに鍵はつけられるか

他人とトイレやバスルームを共有するので、鍵が付いていないとゆっくり用が足せなかったり、お風呂にもゆっくりと入っていられなかったりします。借りてから後悔しないように、鍵がついているのか事前に確認するのが賢明です。

光熱費はどのように支払うのか

ルームシェアでは光熱費は住人全員で支払うことになります。不公平のないように支払うシステムが構築できているかどうか、きちんと確認する必要があります。また、誰かが退去した場合家賃はどうなるのかも、知っておく必要があります。

学生向け賃貸住宅の特徴

学生向け賃貸住宅の特徴は、家賃が安く設定されていることです。ただ、学生のみ居住が許可されているという条件なので、気に入っていても就職すると退去しなければいけません。また、学校の近くという立地条件のものが多く、学生に便利な環境が整っています。

一人暮らしとルームシェアそれぞれのメリットとは?

プライベートな時間が守られる

1人暮らしの一番のメリットは、自分だけのプライベートな空間に居住できることです。どんなに気心が知れた人でも、同じ屋根の下に住むとライフスタイルの違いなどからストレスを感じることもあります。誰にも気を使わずリラックスできるのがメリットです。

孤独を感じない

実家を離れて一人暮らしをすると淋しさを感じるものですが、ルームシェアなら共有スペースに行っておしゃべりしたり一緒にテレビを見たりするなど、孤独を感じずに済むのがメリットです。食事も分担制にできるなど、家事の負担が減るのもメリットです。

ルームシェアにはメリットがたくさんつまっている!

家

賃貸物件はインターネットで検索

新宿で物件を探す場合、新宿の不動産屋さんに行くというオーソドックスな方法もありますが、インターネットで検索するのが手軽で便利です。新宿という地域だけではなく、最寄り駅や家賃の予算、広さなど、条件を絞って検索できるので、自分にぴったりの物件を見つけやすくなります。色々な不動産会社が扱う色々な新宿の物件が見られるのもメリットです。

インテリア

内覧の申し込み方法

インターネットで検索して気になる物件を見つけたら、その物件を扱う不動産会社に連絡します。内覧をしたい旨を伝え、不動産会社に訪れる日時を予約します。インターネットからでも電話からでもOKです。当日は、不動産会社のスタッフが物件に案内して部屋を見せてくれるほか、似たような物件を提案してもらうこともできます。